間違った頭皮ケアはAGAを余計に早める原因になる

AGAは思春期が終わった成人男性がなるとが多いですが、主な原因は男性ホルモンは過剰に分泌されすぎてしまうことで、髪が生える正常なサイクルが阻害され、髪が少しづつ生えにくくなっていきます。

 

大多数の男性の方は、まさか自分が将来薄毛になるとは思ってもいませんが、祖父や父親がハゲている場合、ある程度の年齢になった時不安にかられて頭皮ケアをするようになっていきます。

 

ですが、自己流の頭皮ケア方法ではかえって頭皮を痛めてしまうことがあり、まったくの義着効果になることもあります。

 

●間違った頭皮ケアで多いものとは?
1・育毛シャンプーを使っているのにリンスは普通
頭皮ケアに気を使っている方なら、アミノ酸系の育毛シャンプーを使っていることが多いですが、シャンプーのみは育毛シャンプーなのに、界面活性剤が入っているリンスを使っていては、育毛シャンプーを使う意味がありません。

 

かといって単なるノンシリコンシャンプーは、現在生えている髪の髪質改善には効果がありますが、育毛効果はありませんので、必ず育毛シャンプーを正しく使うようにしましょう。

 

2・頭皮マッサージのやりすぎは逆効果
頭皮の血流改善には頭皮マッサージが良いとされていますが、頭皮マッサージは清潔な手でやらなければ雑菌が繁殖する原因にもなりますし、強い力でマッサージをし続けてしまうと頭皮の下にある毛細血管が潰れてしまいます。

 

頭皮マッサージは、洗髪をした後髪を8割程度乾かした頭皮に育毛剤を付けてから、優しくマッサージするようにしましょう。"